歯茎から血が出るようになったら歯周病の可能性を疑おう

白い装置やワイヤー

歯

歯並びを治すためによく吹田の歯科で行なわれているのがメタルブラケット矯正です。小さい金属の装置を取り付けて行なう矯正方法で、いろいろな歯並びに対応できます。また、白いワイヤーや装置を使う方法もあります。

More Detail

歯垢の除去を徹底する

医者

歯みがきをしていて歯茎から血が出たという経験のある人は少なくありません。この歯茎から血が出るという症状は歯周病にかかっているという証拠なのです。歯周病というのは落としきれなかった歯垢が原因となる病気で、日本人の成人の約8割がかかっているといわれています。堺にある歯科ではその歯周病を予防するためにも定期的な歯のメンテナンスをおすすめしているのです。なぜ、定期的にメンテナンスが必要になるのかというと歯みがきでは落としきれない歯垢があるからです。歯垢は歯周ポケットや歯の隙間に溜まる細菌の塊で、この細菌が毒素を出すことで歯周病が進行します。歯みがきを行なうことである程度の歯垢を除去することはできるのですが、残ってしまうものもあります。そうやって取り除けなかった歯垢が硬い歯石となり固まってしまうのです。硬い歯石は歯ブラシでは除去できないので、堺の歯科で専用の道具や機械を使って落としてもらいましょう。歯周病を予防するためにもこういった歯のメンテナンスを数ヶ月に一度受けておくといいのです。堺の周辺にある歯科では歯周病が原因で出血するようになってしまった人のためにスケーリングを行なっています。専用の硬い道具で歯石や歯垢をガリガリと削って除去するのです。スケーリングにはちょっとした痛みや出血を伴うことがありますが、これを行なうおかげで歯周病を治すことができるのです。歯茎から血が出るという人は歯周病の進行を抑えるためにも堺にある歯科で治療をしてもらいましょう。

銀歯を使わない

白い歯

虫歯治療のときに使う銀歯は他の歯と色が違うので目立ってしまいます。そこで、西宮の歯医者さんではセラミックを被せ物に使っています。セラミックは虫歯になりにくい素材で色も白くアレルギーの人でも安心して使えます。

More Detail

歯の白さを保つ方法

病院

歯の本来の白さを取り戻す方法というのがホワイトニングです。豊中市の歯科では2種類のホワイトニングが行なわれています。即効性を重視した方法と持続性を重視した方法があります。

More Detail